男性が強壮効果があるとして利用

男性が強壮効果があるとして利用

すべての研究や、臨床試験が行った結果、ドイツやフランスでは、前立腺肥大症の医薬品として使われ、その他のヨーロッパ諸国や、アメリカなどの国しかし、副作用の少なさから発毛・育毛サプリメントとして、すべての人に利用されます。ノコギリヤシは、北アメリカ南東部が原産地で、海岸地の松林や砂丘に生息したりする、ヤシ科の植物で、ハーブの一種です。

日本では、あまり知られていませんだったが、最近、さんま氏のテレビ番組で、発毛効果が紹介されました事により、にわかに注目を集め、育毛の効能を期待したシャンプーなども販売されます。日本には、生息してもない植物だから、殆どの方がノコギリヤシの事は分からないと思うので、さいしょに、基礎的な事を案内しておくのです。

1960年頃から、アメリカやヨーロッパで、本格的な研究が始まり、すべての臨床実験が行われ、有効性が確認されてきた。しかしていながら、その名の通り、ギザギザとなった、45cm-1mに広がる、大きな特徴的なノコギリ状の葉を持っています。

また、ノコギリヤシは中国でも「棕櫚子」と呼ばれ、古くから効能が知られており、治療薬(漢方)として利用されてきた。ヤシ科というと大きな木を想像してしますが、ノコギリヤシは低木です。

古くから、北アメリカに住むインディアンはノコギリヤシの実を、食用としまして、さらに、男性が強壮効果があるとして利用してきた。現在も、多くが北アメリカに自生し、アメリカやヨーロッパなどで、いろんな用途に使われているのです。